トップページ > 院長自らが体験 フラクセル体験レポート

院長自らが実践フラクセル体験レポート

自分で試してこそ、本当のアドバイスが出来る

自分自身が実際にフラクセルを体験しているからこそ、患者様には実体験に基づいた細かい説明やアドバイスができます。また、自分がフラクセルの効果や安全性の証明にもなるのです。

フラクセル施術7日後

フラクセル2で自分の鼻に実験しました。
通常、出力は20mJで行うのですが 今回は、実験ということで倍の40mJで 自分に行いました。
写真は、自分の鼻で 1枚目は15%リドカインクリーム(麻酔)を塗った後 2枚目はレーザー照射後 3枚目は翌日夕方5時ごろの写真です。

1枚目
高濃度麻酔クリームを塗ったので 多少赤みが出ています。約1時間置きました。 触った感覚はわかりますが、感覚は明らかに変です。
2枚目
レーザー照射後です。噂では相当痛いと聞いていたのですが ほとんど痛みはなかったです。何回か重複してレーザーを 照射するのですが、最後の方だけ少しチクっとする程度でした。
レーザー脱毛より痛くないです。しかし麻酔をしなければ かなり痛いかもしれません。麻酔なしでやる勇気はありません。
それよりも、レーザー照射が終わった後が赤みと熱感とヒリヒリ感がかなりありました。ケミカルピーリングが終わったヒリヒリ感と同じです。約2時間続きました。青い色素はレーザー照射前に塗るのですが、これがくせ者でなかなか落ちません。今日、専用の除去液を買いました。
3枚目
朝起きると、鼻全体に点状の出血がありました。既に固まっていましたが、指で鼻をつまんでみると、しぼりでるように点状に血がでました。血が出るというよりは、にじみ出てくるような感じです。
すぐにティッシュでふきました。赤みは相当あります。何人かの患者さんに「酔っ払って鼻が赤くなった人みたい」と言われました。痛みはほんの少しだけヒリヒリ感がありますが、意識しなければ気になりません。腫れも若干ある感じですが、他の方から見れば顔がむくんでいる程度だと思います。
気になるのはやはり赤みですね。赤み+肌がかなり荒れている感じです。

フラクセル施術初日
出力は60mj、入れ替え率は32%の肌の入れ替えをしました。
施術箇所は額、頬、鼻、目の下です。
施術当日は、顔全体が赤くなりました。特に鼻のあたりはまっかで、目もとも腫れています。



フラクセル施術3日後
フラクセル施術3日目の写真です。
多少、かさぶたみたいな粒がボロボロととれてきています。
顔全体に少しかゆみもあります。
目の下の赤みは意外にはやくひきました。

フラクセル施術7日後
フラクセル施術7日目の写真です。
完全ではないですが、だいぶ赤みがひきました。
同時に、少し赤いぷつぷつが2~3個でてきました。
(額と鼻根部)
完璧ではないですが鼻の両サイドの毛穴がだいぶ目立たなくなり つるっとした感じになってきました。
アメリカではフラクセル2とサーマクールネクストの コンビネーション治療で、しかも複数回やるみたいですが 確かにメスを使わない治療としては、現段階では 最善の治療のように思います。

フラクセルを体験してみて

40mjの表面積20%の肌の入れ替えです。
症例写真はこれを2回行った写真です。 2番目の症例写真はしわがわかりやすくなるようにわざと暗くうつしましたが それでも深いシワはうすくなりました。あと、きめも細かくなったと思います。
ハイパワーでやると色素沈着の可能性もあるのでなかなか怖いですが、ききめは抜群です。
現在、ニキビ跡の治療で最大の70mjで行い色素沈着した患者さんもいますが、違うレーザーで 元に戻しました。(カウンセリングでリスクを許容した患者さんですので一般的には行いません。)
どのような治療でも消えなかった深いニキビ跡がほぼ消失するので、使い方は難しいですが 確実なる効果を実感できると思います。


  • カンタンWEBメール相談
  • 無料カウンセリング予約