トップページ > ドクターのニキビ跡治療アドバイス

ドクターのニキビ跡治療アドバイス

ニキビ跡の治療のために、様々な治療方法があります。
代表的なものだと、ケミカルピーリングやレチノイン酸軟膏だと思います。そして、その中でも、圧倒的にニキビ跡に効くのは「フラクセル2」です。
今までの治療では困難であった、深部の真皮層までレーザーを照射することで深いニキビ跡も治療することが可能になりました。


フラクセルの原理は0.1mmから0.24mmのレーザーを真皮層まで照射することによって組織を熱変性させ(お肉を焼くとギュっとしまるのが変性です。)破壊します。人間の体は元々の修復機能が備わっているので、破壊された組織は約1ヶ月で再生し新しい肌へ生まれ変わります。
そのような過程を経てニキビ跡、傷跡、シワ等が改善あるいは消失します。また何mmの深さで何%の入れ替えるか、数値で正確に設定できるので患者様のお肌の状態とニーズにこたえて施術を行うことができます。
たとえば「1.4mmの深さで20%の入れ替えてください」という事も可能ですし、1.2mmの深さで32%の肌を入れ替えてくださいという事も可能です。

そんな画期的なフラクセル2ですが、ニキビ跡やニキビ治療で来院された方にいきなりフラクセル2を勧めません。
それは、フラクセル2はニキビ跡には非常に有効な治療法ですが、その分、ダウンタイムが長かったり、治療中痛かったり、受ける側の負担は少なくありません。
ですから、私は、なるべく負担の少ない治療から(例えば内科的治療)順に段階を経て治療を行っていくことを勧めます。
そして、症状によって一番最善の方法を患者様と一緒になって決めていくのが当クリニックのポリシーでもあります。

ニキビ跡は今まで、有効な治療法がない為、ニキビの予防は極めて重要でした。
しかし、今では、様々な治療法があり一生消えないニキビ跡から改善あるいは消失するものに変わってきました。
当クリニックではニキビ跡治療だけでも、様々な最新の治療を受けることが可能です。
そして、私も患者様と向き合って少しでも満足していただけるサービスをお届してまいります。


  • カンタンWEBメール相談
  • 無料カウンセリング予約