トップページ > ニキビとニキビ跡ができるまで

料金について

ニキビができるまで

皮膚は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」から成り立っ ています。表皮は、「角質層」、「顆粒層」、「有棘層」、 「基底層」の4層構造をしています。角質層と顆粒層は角層と呼ばれ、分泌された皮脂で皮脂膜を形成しています。基底層では、新しい細胞が作られ→有棘層→顆粒層→角質層の順番でお肌が入れ替わります。 このお肌の入れ替わりを「ターンオーバー」 といい、通常28日周期で入れ替わります。
皮脂や角質が毛穴をふさいでいる状態です。
皮脂と角質が毛包内に埋もれ、穴が閉塞し白色なった状態です。
毛包に皮脂や角質、汚れが付いて黒色になり、毛穴が開いている状態です。

毛穴に詰まった皮脂に、アク感を伴いまネ菌やブドウ球菌が繁殖して炎症をおこした状態です。皮脂の表面は赤く腫れて、痛み、熱す。

ニキビは尋常性ざそう(じんじょうせいざそう)という皮膚病の一つです。日本人の約9割の方がニキビを経験します。ニキビは微小面皰(びしょうめんぽう)という目に見えない皮脂と角質が混合した状態から始まり、アクネ菌が付着することで炎症性のニキビになりますひどくなると瘢痕(はんこん)を形成し、皮膚がぼこぼこした状態になり一生残ってしまいます。

ニキビは予防が重要ですが、なかでも面皰から炎症性ニキビへと移行する前に治療することが重要です。しかし、面皰を効果的に治療する機器などの治療法が今の所ない為、ニキビが落ち着いてニキビ跡として残ってしまった方が来院されています。

ニキビ跡ができるまで

赤ニキビが悪化して膿(うみ)がたまった状態です。真皮層や皮下組織までダメージを与えます。
アクネ菌やブドウ球菌により誘引された,白血球やマクロファージがライムゾーム酵素を放出して毛包壁を破壊し、ニキビは最後をむかえます。

ニキビ跡ができる原因

炎症性ニキビの後にできるのが陥没性瘢痕(かんぼつせいはんこん)、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)です。陥没性瘢痕はアイスピック様、クレーター様と呼ばれるもので、皮膚が陥没した状態になります。肥厚性瘢痕はニキビ跡がドーム状に盛り上がり、ケロイド状になります。

陥没性瘢痕はアクネ菌により誘引された多核白血球がライソゾーム酵素を放出し毛包壁を破壊します。このとき真皮にまで及ぶと毛管に沿った筒状の陥没瘢痕が形成されるのです。肥厚性瘢痕は、炎症性ニキビに紅色調小結節ができ、これを放置した場合に健康な皮膚にまで及び肥厚性瘢痕が形成されます。紅色調小結節の時期にステロイド注射をすると最小限に抑えることもできますが、有効な治療法がない為、ニキビの予防は極めて重要になります。

当院では、ニキビで来院される患者様は少なく、ニキビ跡で来院される方がほとんどです。ニキビ跡が残ってしまった場合には、トレチノイン酸やケミカルピーリング、コラーゲン注入が行われてきました。しかしどれも満足のいく結果が出せませんでした。近年開発されたフラクセルⅡは、真皮までの皮膚の入れ替えを可能にし、陥没性瘢痕に多大なる効果をもたらしました。


  • カンタンWEBメール相談
  • 無料カウンセリング予約